産業ソーラーシステム

システムについて

公共・産業施設用の太陽光発電システムは、固定価格買取制度(全量買取)
というシステムを利用する方がほとんどです。
太陽光によって発電された電気を全て電力会社に売電し、
その売電によって利益を得ることができます。

およそ10年で元が取れる計算となっており、
その後は固定資産税は発生しますが利益が得られる仕組みとなっていて、
とても魅力のあるシステムです。

ソーラー工房ではメガソーラー(出力規模が50kW以上)も取扱っております。
大小関係なく、太陽光発電ならおまかせください。


システム構成例
システム構成例